豪雨男と晴れ女

釣り,吹奏楽,子育て,芸能etc. ノンジャンルの夫婦ブロガー

スポーツ

村田修一現役引退会見に松坂がエール!

更新日:

最近のコメント

    元巨人の村田修一内野手(37)が1日、栃木県のホテルで会見を行い、引退を表明しました。

     

     

    昨季は巨人の正三塁手として活躍していましたが、若返りを図るチームの方針で自由契約。

    新たな移籍先を模索するも獲得する球団は現れず、今年3月に独立リーグのBC栃木に入団。

    栃木では格の違いを見せつけ、打率・352、9本塁打、44打点をマークしていました。

     

     

    しかし、7月31日、NPBの補強期間が終了。(プロ野球の今季中の新規契約が可能な期間が7月31日まで)

    今季中のNPB復帰を目指してきたいましたが、獲得意思を示す球団がなく、今季限りで引退する決意を固めました。

     

     

     

    会見で、

    「NPBに帰るのは昨日が期限。今の正直な気持ちをお伝えしようと。来年についてはNPBを目指すのは今の段階では考えにくい」

    と事実上の引退宣言。

    ただ、会見の終盤まで引退の2文字は使わず

    「引退という言葉を聞きたいか聞きたくないか分かりませんが、万全の準備をして期限がきてしまった。この2文字を使いたくない。ブレーブスのために最後まで野球をする」

     

    と語りました。

     

     

    この会見後、同い年の中日松坂大輔投手は、

    「僕からシュウに言いたいのは、自分もそうだったけど、可能性はゼロじゃない。
    来年に向けて、あきらめないでほしい。
    やめないでほしいという気持ちです。
    僕は最後まであきらめず、もがき続ける姿を見せていきたい。
    自分たちはまだやれるんだと、僕らの世代みんなで見せていきたい。
    そこにシュウイチも入ってきてほしい」

    とエールを送りました。

     

    松坂選手自身も昨年オフ、3年間で1試合しか登板できなかったソフトバンクを退団。
    今年1月下旬に中日の入団テストを受け今に至りますが、昨年のこの時期には現役引退も頭をよぎっていたそうです。

     

     

    世間の声は?

     

    「松坂も一度同じような場面に置かれましたもんね。村田はまだ実力あると思う。松坂のようにめげずに頑張って欲しいとは思います。」

     

    「昨日の会見を見ていると、まだまだ野球に携わって欲しいと思う。
    どんな形でも良いので、プレーが見たいよ!」

     

    「勝負強さが足りないとか、併殺王とか、ベンチで居眠りとか、良くない面もあったけど、俺は好きだったし、巨人に来てくれたこと嬉しかったぞ。
    いつぞやの8月の大暴れの時も嬉しかった。
    なにより、三塁の守備は歴代でもトップクラスだと思う。」

     

    「球団を増やすとかの話がチラホラ出てきてるから
    村田にはまだまだ活躍する場所はあると思う。
    来年だって可能性はあるんじゃないかな?」

     

    「何処の球団も若返りを、図ってるだけに
    タイミングが悪かったな
    タイミングが良ければ何処かの球団が取りに来て居ただろうけど
    お疲れさん村田」

     

    「未練たらたらに感じる。
    でも、それが普通の感覚だと思う」

     

     

    など様々な声が上がっていました。

    スポンサーリンク

     

     

    -スポーツ

    Copyright© 豪雨男と晴れ女 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.